生活援助員等業務ハンドブック

画像

シルバーハウジング等に居住する高齢者の生活援助を行うLSA(ライフサポートアドバイザー:生活援助員)の日常業務に必要な基礎知識と実践技術について、心理、医学、法律、地域福祉、援助技術等の各分野の専門家が執筆しています。地域における制度や資源の活用と連携方法について詳しく説明し、各項毎にチェックポイントを掲載、代表的事例を選び業務に関するQ&Aも加えました。当財団の研修テキストとして使用しています。
※改正高齢者住まい法の施行により平成23年11月に改訂しました。

発行年月/平成23年11月
発行/財団法人 高齢者住宅財団
定価/1,570円(税込み)

目次

本ハンドブックの活用の仕方

第1部 生活援助員の位置づけと期待される役割

(1)生活援助員が対象とする高齢者とは
(2)生活援助員業務の基本的な考え方
(3)生活援助員業務の展開
(4)高齢者の生活と心理

第2部 生活援助員業務を遂行するための基礎知識

(1)居住高齢者の状態像と要援護化
(2)高齢者の自立生活支援となる居住環境配慮と地域生活の理解
(3)介護保険や自治体・地域の制度の有効活用

第3部 生活援助員業務の実践技術

(1)入居前・入居時の対応
(2)入居当初の対応
(3)日常の相談・助言
(4)安否の確認
(5)緊急時の対応
(6)一時的な家事援助
(7)関係機関との連携
(8)その他日常生活上に必要な援助
(9)地域との連携
生活援助員業務に関するQ&A
資料編
参考文献