平成30年度 高齢者住宅相談員研修会 認知症高齢者の方の暮らしを支える ~地域のサービス・サポートネットワークと生活援助員の役割を考える~

近年、高齢者向け住宅の入居者のライフスタイルも多様化し、入居者の見守り・相談支援を担う職員にとって、対応困難な場面も増えつつあります。日常的に入居者と関わる職員の方々が、対応で疲弊することなく、暮らしの中で安定的に支援していけるような知識・技術を身に着けることが今後さらに重要となります。

そこで、高齢者住宅財団では、昨年度より、相談・援助の理論を具体的かつ実際的に理解し、良質な支援を実践で活かせることを目的とした研修会を3年間シリーズとして実施しております。

今年度は、研修会のテーマを「認知症高齢者の方の暮らしを支える~地域のサービス・サポートネットワークと生活援助員の役割を考える~」と題し、認知症の正しい理解と対応法、適切なコミュニケーション技術を習得していただくプログラムを企画いたしました。

本研修会は「シルバーハウジング」、「サービス付き高齢者向け住宅」等の相談員をはじめ、管理運営に携わる方々、今後、企画運営をされる方々も対象としております。この機会にぜひご参加くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

開催概要

開催日 平成31年(2019年) 2月8日(金曜日)
開催場所 損保会館(大会議室) 東京都千代田区神田淡路町2-9
開催時間 10:30~16:40
参加費 11,000円/人
対象 生活援助員(LSA)、サービス付き高齢者向け住宅相談員、地方公共団体担当者、民間事業者等
募集人数 150名程度 受付は先着順。定員になり次第締め切りとさせていただきます。
主催 一般財団法人 高齢者住宅財団
後援 (予定)厚生労働省、国土交通省、(一社)高齢者住宅協会

 

プログラム(予定)

<午前の部>

10:30~10:40 「主催者挨拶と本研修の狙い(仮)」
一般財団法人高齢者住宅財団 理事長 那珂 正
10:40~11:00 「介護保険制度等福祉施策の最新動向(仮)」
厚生労働省老健局高齢者支援課 課長補佐 上野 翔平氏
11:00~12:00  「認知症の方に寄り添う 誰もが実践できるユマニチュード ®」
国立病院機構東京医療センター 総合内科医長 本田 美和子氏
12:00~13:00 昼食

 

<午後の部>

13:00~14:15 パネルディスカッション
「認知症高齢者の暮らしを支えるには
~地域サービス・サポートネットワークと生活援助員の役割を考える~」

●事例発表
特定非営利活動法人つぼみ 那谷 香織氏、
地域活動支援センターの方、高齢者住宅相談員(参加者から公募)
●コメンテーター
十文字学園女子大学 人間生活学部人間福祉学科 講師 富井 友子氏
一般財団法人高齢者住宅財団 シニア住宅部次長 堀井 真美子

14:15~14:30 休憩
14:30~16:30 事例検討 グループディスカッション
●司会・ファシリテーター
十文字学園女子大学 人間生活学部人間福祉学科 講師 富井 友子氏
ファシリテーター
 一般財団法人高齢者住宅財団 シニア住宅部次長 堀井 真美子
16:30~16:40 閉会挨拶    一般財団法人高齢者住宅財団 専務理事 村山 浩和

※研修内容、講師等につきましては変更する場合がございます。 

お申し込み方法

申込書(PDF:276KB)に必要事項をご記入の上、当財団までFAX・メール等によりお送りください。

会場のご案内

損保会館地図

損保会館(大会議室)
東京都千代田区神田淡路町2-9

 

アクセス

<JR>
「御茶ノ水駅」聖橋口 徒歩5分

<東京メトロ>
千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口 徒歩3分
丸ノ内線「淡路町駅」A5出口 徒歩3分

お問い合わせ

一般財団法人高齢者住宅財団 シニア住宅部(ボナージュ横浜サービスセンター内)
担当/堀井・白井・小川・青柳

〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台5-7-8
Tel.045-943-1465 Fax.045-943-1467
受付時間 月~金 9:00~17:00
E-mail lsa18@koujuuzai.or.jp