平成25年度 高齢者住宅担当者研修会のご案内

このイベントは終了しました

 高齢者住宅財団では、地方公共団体や公的機関、民間企業等で高齢者居住に関する施策立案や事業企画・運営等に携わるご担当者を対象とする標記研修会を、本年度は神戸市で開催することとなりました。
 人口減少と高齢化が進行するわが国において、福祉施策と連携した住環境整備が喫緊の課題です。1995年の阪神・淡路大震災では、災害弱者としての高齢者が浮き彫りになり、神戸市では、復興公営住宅でのシルバーハウジングの供給や地域見守り体制の構築などが先駆的に取り組まれてきました。本研修会では、日本社会が直面する構造的な変化を踏まえた将来の社会保障・住宅のあるべき姿について基調講演を行った上で、国土交通省における高齢者居住に関する最新施策や、神戸市の高齢社会を先取りした住宅・福祉施策や民間の取り組み、我が国の高齢者ケアの最先端をはしる「社会福祉法人きらくえん」の実践、東日本大震災からの復興途上にある福島県からの報告等をおこないます。
 是非、高齢者の住環境整備に関わる多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内を申し上げます。

開催概要

日   時: 講 義/平成25年7月18日(木) 10:00~16:45  (予定)
見学会/平成25年7月19日(金) 午前中~14:30頃
     (班によって集合・終了時間が異なります。)
会   場: 講 義/神戸朝日ホール
     (神戸市中央区浪花町59番地 (神戸朝日ビルディング4階))
見学会/神戸市内の高齢社会に対応した公営住宅及び民間事業者が取り組む
      高齢者向け住宅等
参加対象: 地方公共団体住宅・福祉部局担当者、都市再生機構・地方住宅供給公社担当者、
コンサルタント、建築士、研究者、高齢者住宅・福祉関係事業者等
募集人数: 講 義  300名 (見学会 150名) 
※見学会のみの応募は受付けておりません。
参 加 費: 地方公共団体・賛助会員・出捐団体 15,000円 (講義のみ参加の場合 10,000円)
一   般                 20,000円 (講義のみ参加の場合 13,000円)
※両日とも、昼食代は含まれておりません。
主   催: 一般財団法人 高齢者住宅財団
後   援: (予定) 厚生労働省、国土交通省、神戸市、人にやさしい建築・住宅推進協議会

プログラム(予定)

※下記内容は変更されることがありますのでご了承ください。

7月18日(木)  講義の部 (仮タイトル)

1.基調講演「少子高齢・人口減少社会における住宅政策」 一般財団法人高齢者住宅財団 理事長 髙橋紘士
2.高齢者のケアと住環境~ノーマライゼーションを目指すきらくえん30年の実践から社会福祉法人きらくえん 理事長 市川禮子
3.国土交通省における最新の高齢者居住施策について国土交通省住宅局安心居住推進課 企画専門官 江田頼宣
4.神戸市における震災復興と高齢社会に対応した住宅施策神戸市都市計画総局住宅部 住宅政策課長 中原 信
5.神戸市における介護・福祉施策神戸市保健福祉局高齢福祉部介護保険課 介護予防担当課長 原 秀樹
6.福島県での住宅復興の現状と高齢者への対応福島県いわき建設事務所 建築住宅課長 遠藤裕之

7月19日(金) 現地見学会 午前~午後早い時間に終了(昼食なし)

大型バスで、下記住宅等施設(サ付き住宅・市営住宅等)を視察。神戸市役所前で集合・解散予定。
① ゆいま~る伊川谷【サービス付き高齢者向け住宅((株)コミュニティネット)】(神戸市西区)
② HAT神戸灘の浜【震災復興住宅(市営住宅、福祉施設併設)】(神戸市灘区)
③ 鉄人PROJECT【長田区地域活性化プロジェクト】(神戸市長田区)

お申込み方法

申込用紙(PDFファイル)の申込用紙「裏面」に必要事項をご記入の上、当財団宛にFAXでお送り下さい。
受付後、受講料振込先等の手続きにつきましては、FAX等によりご案内いたします。
※振込手数料は振込人負担となりますのでご了承ください。
※お申込み後1週間以上経過しても、当財団より何のご連絡もない場合は、FAXが不達の可能性もありますので、お手数ですが下記担当までお問合せください。

講義の部 会場案内 ~アクセス~

page03_01_2013_map

お問合せ先

一般財団法人 高齢者住宅財団 調査研究部 担当:市村(受付担当:荒木)
TEL 03-3206-6437  FAX 03-3206-5256
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-20-9 京橋第八長岡ビル4F
URL http://www.koujuuzai.or.jp/
E-Mail kenshukai@koujuuzai.or.jp